World of Warcraft で LOL

Resto DruidによるWorld of Warcraft のブログです (Twitter: @TellervoTree)

タグ:Warcraft

Archaeology Helper というAddonが、MMO Championで紹介されていたので、早速Telも試してみました。

まずメニューですが、とってもシンプルな造りになっています:

AH UI

スコップを左クリックすると、Surveyができ、右クリックすると インターフェースを表示/非表示、マウスの真ん中ボタンをクリックすると、Archaeologyの画面が表示できるようになっています。

矢印は、大きい発掘現場などで、赤い色の部分が何層も重なって見えにくいときなどに、前回の赤い層を削除するのに使います。

使用方法ですが、まず発掘現場の真ん中に行って、スコップを左クリックしてSurveyします。そして、その場所を動かずに、望遠鏡が指している方向にキャラクターを向かせて、ライトの色をメニューから左クリックして選択すると、画面に扇形のエリアが表示されます:

First Red

緑の輪の真ん中が現在地点で、赤い扇が破片のある大体の場所。赤いラインが望遠鏡の指していた方向になります。移動して、赤い扇の中に入ってから、またSurveyして、望遠鏡の方向を向き、ライトの色を選んでクリックすると、次の扇上のエリアが表示されます:

Second red

色が重なっているところに移動して、Survey,向きを変えて色を選択というのを繰り返すだけ。最後の方になると、こんな風になります:

Survey Final

発掘の回数が、このAddonを使い始めてからかなり減ったので、このAddonはかなり便利です。
使い方のヒントとしては、発掘現場の一番最初のSurveyが赤色だった場合、赤い扇を足した後に、その場所を動かずにもう一回Surveyすると、望遠鏡が少し違う方向を指すので、また赤い扇を足して、次にSurveyするべき場所を限定する事が可能です。

そのほか、GatherMate2と、そのデータベースをインストールすると、すでに知られている破片の場所を緑の輪の中に表示してくれるようですが、エラーがでてしまってテストできませんでした。。。 本当ならこうなるらしい:




Archaeology Addon: ☆☆☆☆ 4/5 
(矢印による扇形エリアの削除は、一番新しいのと一番古いのを削除するオプションがあると、もっと使いやすいかと思います)

この記事は、WoWInsiderの「Lichborne: Death knight talents, specs and rotations for patch 4.0.1」と「Lichborne: Death knight regemming and reforging for patch 4.0.1」の一部を訳したものに、私のコメントを加えたものです。

********************

Blood

Talents:

サンプルはこちら。あくまでもサンプルなので、Abomination's Might、Scent of Blood、Improved Blood Tapなどのポイントは自由に動かせるようです

Glyph:
Prime: Death Strike, Death and Decay, Rune Strike
Major: Blood Boil, Pestilence, Dancing Rune Weapon
Minor: Path of Frost

Stats:
プライオリティが高い順:
  1. Mastery
  2. Stamina
  3. Hit & Expertise

Gems:
基本的には以前と同じくSolid Majestic Zircon (Stamina)ですが、もしボーナスが+9/+12Staminaならば次のようになります

  • Meta: 記事に記載がありませんが、以前と同じAustere Earthsiege Diamondだと思われます
  • Red: Guardian's Dreadstone (Expertise & Stamina)/Accurate Dreadstone (Hit & Expertise)
  • Yellow: Regal Eyes of Zul (Dodge & Stamina)
  • Blue: Solid Majestic Zircon (Stamina)


Rotation/Priority:

プライオリティが高い順:
  1. Diseases(Blood PlagueとFrost Fever)
  2. Rune Strike
  3. Death Strike
  4. もしScarlet Feverがオフの状態ならBlood Boil
  5. もしScarlet Feverがオンの状態で、敵が1~3人しかいないならHeart Strike
  6. 3人以上の敵がいるならBlood Boil
本文にはsingle targetのベーシックと書いてありますが、敵が3人とかいう記述があるのを見ると、複数の場合も想定しているようですね。敵が複数の場合は、Death and Decayがオープニングになるのではないかと思います。

*****

Frost

Frostの場合は、1Hの武器を二つ使うか、2Hの武器一つ使うかによって、かなり違いが出てくるようです。

Talents:
1H と 2H。Endless Winterのポイントは他に回してもいいようです。また、1H使用の方は、Runic Power MasteryのポイントをIcy Reachに動かす事も可能なようです。

Glyph:
Prime: Frost Strike, Obliterate, Howling Blast
Major: Death Grip, Chain of Ice, Anti-Magic Shell
Minor:

Stats:
プライオリティが高い順:

  1. Hit (8%になるまで)
  2. Expertise (26になるまで)
  3. 1H: Strength/2H: Haste
  4. Mastery
  5. 1H:Haste /2H: Strength
  6. Crit
Gems:
  • Meta: Chaotic Skyflare Diamond
  • Red: (1H)Bold Cardinal Ruby (Strength)/(2H)Fierce Ametrine (Strength & Haste)
  • Yellow: (1H)Fierce Ametrine (Strength & Haste)/(2H)Quick King's Amber (Haste)
  • Blue: (1H)Etched Dreadstone (Strength & Hit)/(2H)Lightening Eye of Zul (Haste & Hit)

Rotation/Priority:

プライオリティが高い順(敵が一人の場合)

  1. Diseases(Blood PlagueとFrost Fever。ただし、Howling BlastのGlyphを使用しているならば,Howling Blastを使ってFrost Feverを敵に与える事ができます)
  2. もしKilling Machineがオンか、またはFrostとUnholyルーンが使用可能ならばObliterate
  3. もしBloodルーンが二つ使用可能ならば、Blood Strike
  4. Frost Strike
  5. もしRimeがオンならばHowling Blast
  6. Obliterate
  7. Blood Strike
  8. Horn of Winter
Horn of Winterはかなりプライオリティが低いんですね。Howling Blastは、crowd control使用中は使えないとのことです。

プライオリティが高い順(敵が複数の場合)

  1. もしFrostルーンかDeathルーンが両方とも使用可能ならばHowling Blast
  2. Unholyルーンが両方とも使用可能ならば、Death and DecayとPlague Strike
  3. Frost Strike
  4. Howling Blast
  5. Blood Strike
  6. Death and Decay, Plague Strike
  7. Horn of Winter
英語の記事が書かれた時点(10月12日)では、2H使用の人はUnholy Presenceを使ったほうがDPSが高いとの事です(Might of Frozen Wastesでrunic powerがかなり入ってくるので、Unholy Presenceの短いGCDでどんどん使うためだそうです)。

*****

Unholy 

Talents:
スペックはこちら。1Hを二つ使うようりも、2Hの武器の方がいいようです。

Glyph:
Prime: Raise Dead, Scourge Strike, Death Coil
Major: Anti-Magic Shell, Pestilence, Blood Boil
Minor: Blood Tap, Path of Frost

Stats:
プライオリティが高い順:
  1. Hit (8%になるまで)
  2. Strength
  3. Haste
  4. Crit
  5. Mastery & Expertise
Gems:
  • Meta: Chaotic Skyflare Diamond
  • Red: Bold Cardinal Ruby (Strength)
  • Yellow: Fierce Ametrine (Strength & Haste)
  • Blue: Etched Dreadstone (Strength & Hit)

Rotation/Priority:
プライオリティが高い順(敵が一人の場合)
  1. Diseases(Blood PlagueとFrost Fever)
  2. 使用可能ならばDark Transformation
  3. もしUnholy/Deathルーンが使用可能ならばScourge Strikes
  4. もしBloodとFrostルーン両方のセットが使用可能ならばFestering Strike
  5. もしSudden Doomがオンか、またはruning powerが満タンに近いならば、Death Coil
  6. Scourge Strike
  7. Festering Strike
  8. Death Coil
プライオリティが高い順(敵が複数の場合)
  1. Diseases(Blood PlagueとFrost Fever)
  2. Death and Decay
  3. 使用可能ならばDark Transformation
  4. もしUnholy/Deathルーンが使用可能ならばScourge Strikes
  5. もしBloodとFrostルーン両方のセットが使用可能ならばBlood BoilとIcy Touch
  6. もしSudden Doomがオンか、またはruning powerが満タンに近いならば、Death Coil
  7. Scourge Strike
  8. Blood BoilとIcy Touch
  9. Death Coil

********************

注意事項
  • 以前は、どのスペックでもtankingできましたが、4.0.1以降はBloodがtanking、FrostとUnholyがDPSスペックとなります

おまけ:レベルアップさせてもらえないTelのDK
Tel's DK

パッチ4.0.1で起きた変更があまりにも大きすぎて、パニックしているかたがたくさんいらっしゃるようなので、明日からクラス別の情報を、英語サイトを参考にして少しずつアップロードする予定です。

基本的に、ElitistjerksとWoWInsiderの記事を元にして、それぞれのスペックのtalent tree、ローテーションなどを間単にカバーする予定ですが、その他にも役立ちそうなサイトなどご存知でしたら、お知らせください。

私は、基本的にrestoration druid以外はあまり詳しくないので、間違った事を書いてしまったりするかもしれませんが、その場合は変更が必要な点をご指摘いただければ幸いです。

いまだに動作不安定な4.0.1ですが、少しずつ調子よくなっていますね。Blizzardフォーラムのバグリストの中から、特に重要だなと思ったものをいくつかピックアップしてみました:

  • 他のプレーヤーをInspectする事ができなかったりします。直すためにはゲームの再起動が必要です
  • Guild Tabardを装着していないにもかかわらずTabardが表示されたりします。直すためには、なんでもいいからTabardを一回装着してまた外すと消えます。ただ一時的なものなので、ログインしなおしたらまたGuild Tabardが表示 されたりします
  • ゲーム内のオブジェクトをクリックする必要があるときに、歯車のアイコンがでますが、そのアイコンをクリックするとゲームがフリーズしたり接続がきれたりします
  • Random Dungeon Finder(RDF)を使ってダンジョンを終わらせたときに、一番最後にダンジョンの中に残っているプレーヤーは、RDFのrewardがもらえなかったりします 
ちなみに、このBlizzardのバグリストは、全てのバグではなく、あくまでもユーザーからのバグレポートの数が多くて、できるだけ早くパッチで直す予定のものだけ含まれているらしいです。

他にも、ICCで死んだプレーヤーが、墓場でゴーストではなく普通にrezしてしまってそれに気づかず、飛ぼうとしてまた落ちて死ぬとか、RDFで一番最後に残っているプレーヤーは、テレポート機能を使って元の場所に戻れないとかありますよね。一番困ったのが、ICCでローディングスクリーンがゲームをフリーズしてしまう事。何回ゲーム入りなおしたことか。。。あと、ICCnormal モードからheroicモードに変更したら、モンスターがまた生き返っていたりとか。。。

早く全部バグが直るといいですね!


おまけ:Stranglethorn Vale で見た朝焼け
SunriseSTV

船を待っていたら、あんまりにもきれいだったので、ついみとれてしまいました




Gurubashi Arenaは、最近でこそちょっとさびれていますが、昔は数十人がバトルロイヤルで、3時間ごとにでてくる宝箱をめぐって戦っていたという、かなり壮絶な競技場です。

最近は、来る人もせいぜい5人くらいで、今夜も友人のUdder(enchancement shaman)が宝箱を取りに行くのをごくかる~い気持ちで手伝おうとしたんですが、普通は5分くらいですむ物が一時間居座ってしまいました。。。

そもそも、PvPが大好きな、別のギルドの友人(resto shaman)をグループに入れてしまったのが物事の発端。その人が同じくPvPが大好きな他のプレーヤーに声をかけたらしく、いつのまにか競技場にはRivalのタイトル(Battlegroupでトップ10%のPvPプレーヤー)を持っている人がずらり勢ぞろい。私とUdderは、はっきりいってPvPは経験ない方。私はちゃんとPvP用のアーマーを一揃い持っていますが、Udderはそれもない状態。ど、どうするんだ私たち?!

最初は私たち3人対その他大勢で、かなりきつかったけれどなんとかUdderは宝箱をゲット。その後、私(resto druid)とshadow priest 対resto shamanとwarlockの2対2の戦い。私は、オフェンスは苦手なのでおもにhealとdispelしていましたが、このままではらちがあかないと思ったのか、敵は私に集中砲火。Warlockからは、FearとDrain Manaの連続で、私のマナはほとんどゼロ。大ピンチ!!

マナが少ない状態だと、ひたすらディフェンスに徹して、Innervateが使えるようになるのを待つしかありません。マナが少なくてすむSwiftmendとLifebloomを使ってなんとか死なないようにしながら、Rejuvenationでその場をしのぎ、あとはBarkskinを使ってダメージを減らし、なおかつパートナーの方もhealしなくてはいけません。。。きついときは、warlockをCycloneして時間をかせぎ、ひたすらheal, heal, heal。。。それでもはじめの方は、Moonfireなどを使って相手にダメージを与えていましたが、マナがない状態だともうそれも無理。こっちは素人なんだぞ~!!!

延々と戦い続けて何分たったのでしょうか。ShamanのHPがかなり低くなっていたので、Innervateをした直後、またDrain Manaされてマナがなくなる前に集中攻撃!Shamanがダウンした後は、healerがいないため、warlockも続いてダウン。長い戦いだった。。。ふうぅ~。ちなみに、resto shaman, priest とwarlockはみんな同じギルドの人たちで、私とpriestが組むというのはむこうが決めたことなんですが、戦いが終わった後でwarlockに「君をパートナーに選べばよかったよ。。。」と言われたのが嬉しかったです(笑)

PvPは苦手意識があったので、battleground以外はずっと避けていたんですけれど、今夜のやつは面白かった!来年は5対5のArenaチームに入ってもいいかなぁと思ったTelでした


おまけ:PvPアーマーを着たTel↓
Tel in PvP armor


このページのトップヘ