World of Warcraft で LOL

Resto DruidによるWorld of Warcraft のブログです (Twitter: @TellervoTree)

カテゴリ: Addon

モニターが小さいだの、UIが汚いだの(本人が分かればいいんだよ!!)、散々言われることが多いのであまりUIの事については話さないのですが、今日はメインキャラでraid用に使っているaddonについてちょっとだけ:

(1) UI

Shadows Unit Frames

UIがすっきりする上に、設定も分かりやすいので好き。 

SUF


Bartender

定番。 

Bartender

OmniCC

Bartenderのボタン上で、CDが数字で見えるように使ってます。

 Vuhdo/Grid2

メインキャラではVuhdoを使っているけど、設定が分かりにくいのでaltでは設定に時間がかからないGrid2を使ってます。このスクリーンショットはVuhdo:

Vuhdo


MoveAnything

デフォルトのloot windowとかExtra Action Buttonとか結構邪魔な所にあるので、これを使って別の所に表示しています。使い方の例はこちら

Quartz

ボスをfocusにセットして、focusのcast barが画面の中央近くに大きめに表示されるようにしています。

Quartz

Tidy Plates & Threat Plates

敵のname plateが見やすくなるので。

Angry Assignments

うちのギルドではこれは必須addonとなっています。Raid LeaderがCDの順番などを決めて、それを全員の画面に表示させるのに使っています。H Thok 25-manでは大活躍です。

AngryAssignments

(2) Buff/Debuff

AuraFrames

これでdebuffをraid frameの上に大きく表示させてます。 

AF

Class Timer

自分に付いているbuffのトラッキングとか、ターゲットについているdebuffのトラッキングとか。

ClassTimer

Weakauras2

Innervateのタイミングとか、buff/debuffのトラッキングとか。Resto druidの例はこちら

(3) Spell Cast & Tracking

Clique

基本的には普通にkeybindingしたmouseover macroを使っているんだけど、一部これを使ってます。Raid frame addonの中でもスペルにキーをアサインできるけど、addon壊れたら使えなくなりそうなので、普通のmacroが好み。

Extra CD

主にtrinketのinternal CDのトラッキングに使ってます。 大ダメージのタイミングでprocしそうなら、Tranqをそれに合わせるとか。

ExtraCD

MacroBank

Mouseover macro各種の他に色々macro使っているので、これがないとなにもできない。全キャラが使えるmacroの他に、そのキャラだけのmacroも別に保存できるので便利。

Macro


Track Cooldowns

主に他のヒーラーのCDとbrezをトラッキングするのに使っています。自分のTranqとRevival/Healing Tideが重なってしまったら泣けるので。

TrackCD

(4) Encounter

Deadly Boss Mods

定番。 ヒーリングが忙しい時は、あまりまわりを見る余裕がないので、タイマーが残り5秒の時に表示されるHuge Barというやつはraid frameのすぐ横に表示させてます。

DBM

GTFO

痛いのの中にボーッと立っていて死ぬことがあるので、これは必須。 

Marking Bar

ヒーラーとしてはraid iconを付ける事はほとんどないんだけど、ダンジョンとかでたまに使うので。

MarkingBar

Skada

SkadaでDPS、Healing DoneとDeath/Dispelを3つのウィンドウで表示してます。Deathを表示するかDispelを表示するかはボスによりけり。

Skada


上のとは別に、特定のボスに使っているaddonとかもあるので、それはまた別の機会に。。。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ:これはいったいどこでしょう?

whereisit

行ったことある人も多いと思うので、今回はノーヒント。

前回の答えは、Deepholmeの(26.37, 26.08)にあるキノコ畑でした!これって他にもあるのかなぁ。






 

T16のraid bossでは、Blizzardのbarやaction buttonを使う必要があるボスが何人かいます。ただ、デフォルトで出てくる場所が、ヒーラーにとってはとても不便。下辺真ん中あたりにraid frameを置いている人は、barが見えにくかったりしてしゃれになりません。そこで、今日は特定のボスの時に出てくるbar/buttonの動かし方をカバーしてみたいと思います。

ステップ1:MoveAnythingのaddonをダウンロード

 ダウンロード先はこちら:
http://www.curse.com/addons/wow/move-anything

ステップ2:ゲームの中で、MoveAnythingのオプション画面を開く

チャットプロンプトで「/move」とタイプすると開けます。

ステップ3: 「Raid Boss Alterantive Bar」の移動

Norushenのcorruptionや、Sha of Prideのprideのレベルを表示するバーは「Unit: Player」→「Raid Boss Alternative Bar」 になります。 

AlternateBar

「Mover」にチェックを入れると、灰色のボックスが表示されるので、それをドラッグして好みの場所に移動します。

 MoverBox

終ったらチェックを外しましょう。

ステップ4:「Extra Action Button」の移動

The Fallen Protectors のMark of Anguishを他の人に移すのに使うボタンも、ステップ4と同じ要領で移動が可能。ボタンの設定は、「Blizzard Action Bars」→「Extra Action Button」

ステップ5:Barの位置のテスト

Barの微調整には、Shado-Pan Monasteryのラスボスが便利です。


ちなみに、そもそもcorruption barが表示されていません!という人は、UIのaddonの設定を見直してみてください。もしAlternate Power Bar(もしくは似たような名前の物)がオンになっている場合は、それをオフにすると表示されるようになったりします。例えば、Shadowed Unit Framesを使用しているならば、「Unit Configuration」→「Player」→「Bars」→「Enable Alt. Power bar」のチェックを外してみましょう。


Happy Raiding!! 

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ:

これはいったいどこでしょう?

Whereisit12b

ヒント1:Cataclysmのエリアです
ヒント2:Allianceの方が見つけやすいかもしれません


前回の答え:遭難者は、Mount Neverestの頂上近く、(46.22, 52.05)にいます。道も何も無いところになぜ?!他にも遭難者がいるので、暇な時に探してみてね!


トラモグの波にしっかり乗り遅れた、相変わらずトロいTelですが、みんなトラモグっているのでちょっと寂しくなって、お仲間入りをしてみることにしました。

欲しかったレベル60のPvP装備はトラモグできなかったため、今回狙ったのはレベル70のPvP装備である「Gladiator's Refuge」を使った、赤と黒のセット。微妙に色がマッチしていないところはご愛嬌:

 Transmogrification

使用した装備は次の通り:
Head: Gladiator's Kodohide Helm
Shoulder: Gladiator's Kodohide Spaulders
Chest: Gladiator's Kodohide Tunic
Hand: Gladiator's Kodohide Gloves
Belt: Ruthless Gladiator's Belt of Cruelty 
Legs: Gladiator's Kodohide Legguards
Feet: Bard's Boots 
Weapon: Smouldering Censer of Purity 

なんかこの模様どこかで見たことあるよね。。。ほら、有名なSF映画に出ている。。。

darth-maul

Star Warsのダース・マウル!!

赤いレーザーの武器募集中。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

Kawazuさんに教えてもらったMogItのAddonを使用したら、色がマッチしている装備が見つけやすくてすごく便利でした。使い方はこちら:




もうしばらくはHonor Pointのファーミングしなくていいかな。。。

ヒーリングするとなると、グループ全員のHPやdebuffが分かるように、raid frameを設定する必要があります。ゲームに付属のraid frameを使っても良いのですが、普通ヒーラーをプレイする人たちは、Grid、VuhDo、Healbotを使っていることが多いようです。TelはGrid使用しているので、今回はresto druid用のGrid設定方法について書いてみたいと思います。

設定はうろ覚えの所もあるので、間違ったことを書いていたらどんどん指摘してください

(1) Addonのダウンロード

Gridは、単体では必要な情報を全て表示できないため、次のAddonをcurse.comからダウンロードします:

あと、raid用にGridStatusRaidDebuff も入れています。

(2) サイズ.レイアウトの設定

この設定を始める前に、可能ならば暇なギルメンに声をかけて、5人グループを作るといいです。

Frameタブ:
  • Frame Height(高さ)とFrame Width(幅)を調整します。幅はキャラクター名が十分見えるくらいあること。高さは、何人くらいのグループをヒーリングするかによりけりですが、TelはAlterac Valleyなど大人数のBGをヒーリングすることがあるので、8グループ40名入るよう低めに設定してます
Layoutタブ:
  • Padding、Spacing、Scaleを調整
  • グループの人数ごとにレイアウトが設定できるようになっているので、ドロップダウンメニューから選択します。Telはペットも治癒するので、、Battleground Layout 以外は、By Group 10 w/Petsなど、ペットをっ表示する設定にしています
  • Horizontal Groupsというチェックボックスがあって、これをチェックすると、グループ1が一列目、グループ2が二列目など、列でグループ表示されるようになります。
  • 個人的な好みですが、Border TextureをNoneにしています
Indicatorsタブ:
  • Frame AlphaでOut of Rangeを選択。これでヒーリングできないプレーヤーは色が薄く表示されます

(3) テキスト表示の設定

Frameタブ:
  • Enable Center Text 2 indicatorというチェックボックスがあるので、これにチェックを入れて、文字を2列表示できるようにします
  • 下のほうに、Text Optionsというセクションがあります。ここでフォントとサイズを選び、何文字表示されるかをCenter Text Lengthで指定します。TelはArial Narrowのフォントを使っています
Indicatorsタブ:
  • Center Textを選択し、Unit Name以外のチェックは全て外します
  • Center Text 2を選択して、2列目に表示させたい情報にチェックを入れます。Telは、Death warning、Debuff: Ghost、Feign Death Warning、Offline warningにチェックを入れています

(4) HoTの設定

Telは、右上の隅にLifebloom、右下隅にRegrowth/Wildgrowth、左下隅にRejuvenationの残り時間を表示させています。

Indicatorsタブ:
  • 左からTop Right Corner、Bottom Right Corner、Bottom Left Cornerを順番に選択して、チェックマークを全て外します。
  • Corner Text Top Rightのセクションに行き、Hots: My Lifebloom Stack coloredを選択します。これで、Lifebloomが3tackの時は、残り時間が緑色、2stackの時は黄色、1stacの時は赤色で表示されます
  • Corner Text Bottom Rightを選択し、Hots: My RegrowthとHots:My Wild Growthにチェックを入れます
  • Corner Text Bottom Leftを選択し、Hots: My Rejuvenationにチェックを入れます
Statusタブ:
  • My HotsセクションのHots: My Lifebloom Stack Coloredを選択。ここでShow HoT-Counter(スタック数を数字で表示)とShow decimals(小数点表示)のチェックを外します。
  • 左側My HotsセクションのHots: My RegrowthとHots:My Wild Growthから、Show HoT-Counterのチェックを外します。
  • My HotsセクションのHots: My Rejuvenationから、Show HoT-Counterのチェックを外します。インストールした状態で3色設定されて、残り時間によって色が変わるようになっていますが、青は見難いので、明るい空色に変えるといいです

(5) アイコンの設定

アイコンは、上下左右と真ん中に表示できるようになっています。IndicatorsのタブのCentre IconまたはIcon(Sides)から設定できるようになっているので、これは個人の好みで好きに設定します。。アイコンのサイズは、Icon (Sides)のタブと、FrameタブのIcon Optionsから調整できます。Telは次のように設定しています:
  • Center Icon:Debuff type:Curse、Debuff type:Poison、Debuff type:Magic」をdispel用に表示。その他、ボス戦で重要なdebuffなどもここで表示させています
  • Top Icon:Raid Target Icon:Playerで、raid iconを表示
  • Bottom Icon:ここでは、Power Word:Shieldや、Rejuvenation/Regrowthなど、他のヒーラー関連の情報を表示させています。
  • Left Icon:このアイコンは、その時によって知っていると便利な情報を表示。Beacon of LightとかGuardian SpiritとかThornsなどに使っています
  • Right Icon:Raid Debuffを表示

(6) その他

Aggroの対象が分かりやすいように、IndicatorsタブのTop Left Cornerで、Aggro Alertをチェックします。これで赤い点が左上に表示されるようになります。

IndicatorsタブのBorderセクションでは、ボーダーを使っての情報の表示ができます。Telは、GridStatusDungeonRoleのAddonを入れてDungeon Roleを選択し、ダンジョン内での役割が分かるようにしています。

メンバーのマナの残りが分かると便利なときもあるので、Mana Barタブで表示する場所とサイズを指定。

チェックボックスのリストに、必要なbuff/debuffがない場合は、StatusタブのAurasを選択して、Add new Buff/Add new Debuffに名前を入れて新しく作成できます。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

全部設定し終わったら、TelはいつもAlterac ValleyのBGでテストと微調整を行っています。とりあえず最初は戦闘に参加して、あとはステルスで守備に入り、フレームのサイズや、表示する情報などの変更をこっそりとやっています。大きいBGだとちょっとサボってもばれないので 

BGでテストした後は、ダンジョンでテスト。最終的にはraidで使用となりますが、とりあえずBGとダンジョンで使えれば、すごく大きな設定の失敗とかはないはず。。。多分。。。


今年もMidsummerの季節がやってきました!このアチーブメントをするのに、以前泣かされていたのは「Torch Juggler」。もともとトロいうえに、古いラップトップと安物のキーボード・マウスでは、簡単(らしい)なはずのアチーブメントもなかなかとれず、一年目は断念。去年、やっと役に立つAddonをインストールしてアチーブメントをゲットしました:

Juggler

「/juggle」コマンドでウィンドウを開き、マウススクロールで自分に緑の的を当ててひたすらスクロールしまくるだけ。Latencyが高くても、簡単にアチーブメントがゲットできます。

-----

今年のLord Ahuneのlootはパワーアップしています:

Ahune-Staff

Ahune-Cape1

Ahune-Cape2

Ahune-Cape3

Ahune-Cape4

Ahune-Cape5

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

今夜は、日本時間で夜9時からrolling restartです。

このページのトップヘ