World of Warcraft で LOL

Resto DruidによるWorld of Warcraft のブログです (Twitter: @TellervoTree)

カテゴリ: Profession Guide

(Betaの時に比べてCookingが変更されているため、この記事は内容が正確でない場所があります。時間を見つけて訂正します!)

MoPでは、Cookingが充実しています!

Cookingの専門(specialization)が選べて、それぞれ個々にレベリングします。どの料理を専門にしても、Feastの効果は同じになります。Buff foodを食べて上がるstatは、一食分は250/275/300、banquestは250/275(25-man用は10-manに比べると材料が倍必要になる)となります。

Cookingガイドを書こうと思っていたのですが、WoW放浪メモの方に詳しく書いてあったので、書くことが無くなってしまいました。とても綺麗にまとめてあるページなので、そちらを参考にすると良いと思います。

Cookingのトークンは、MoPの料理やアイテムに使うIron Paw Token。Capital CityとDalaranのcooking dailyのご褒美はEpicurean's Awardというトークンになります。Iron Paw Tokenをゲットするには:
  1. 1回しかできないcooking quest chain 
  2.  一日何回でもできる「Replensihing the Pantry」というクエスト
  3. Level 90のキャラでできるHalfhillにあるCooking Daily (Cooking skill +1)
  4. Spirit of Harmonyと交換。Vale of Eternal BlossomにあるAlliance/Hordeのcapital cityにいるKrystel(A)とDanky(H)からゲット
Betaで試した限りでは、「Replenishing the Pantry」で魚を使ってトークンをゲットするのが一番効率良いと思いました。このクエストでは、肉か魚を20個まとめて籠に入れるか、野菜を100個籠に入れて、それと交換にトークンを1個もらえますが、野菜は育てるのに時間が必要なのと、肉をファームするのは面倒なのとで、魚釣りが一番簡単に思います。

Cooking quest chainはこんな感じ:

  1. Halfhillに行くクエスト「Everything I Know About Cooking」は、Pan's Steadの宿屋の女将Nan Thunderfootからゲットできます。このクエストをやらなくてもcookingはレベリングできるので、取りこぼしても問題はありません。
  2. So You Want To be a chef ...」quest giverのSungshin IronpawからSliced Peachesのレシピを学び、Pandaren Peachを5個買ってSliced Peacheを作る。
  3. Ready for Greatness」Rice Puddingのレシピを学び、Yak Milk x 5とRice x 5を買ってRice Puddingを作る
  4. Specialization quests。自分の専門分野のtrainerに話しかけてゲットします。
  5. Preserving Freshness
  6. To Be a Master
ちなみに4番目のspecialization questsは:

Cooking アドバイス
  • 一番statsが上がるのは、feastではなくspecializationでmax levelになった時に作れる一人分のご飯です
  • レベリングに必要な材料の数が半端じゃないので、クエスト中に手に入ったものはキープできるようスペースを空けておきましょう
  • 肉類は特に手に入れにくいので、自分のspecializationに必要な肉を落としてくれる敵を見かけたら、クエストに必要でなくても倒すことを強くお勧めします。特にInt料理用の亀。。。
  • 野菜を大量に生産するために、多くのキャラで同時に畑を作るのが良いと思います。レベル85のキャラを初日に全員Halfhillに連れて行き、Tillersのクエストをさせて畑がつれるようにして、毎日収穫。メインキャラがlevel 90になる頃には十分材料が揃うはず
  • Banquetの効果は、どのspecializationでも同じなので、入手しにくい肉を使わなくて済むWay of the Brewで+275のbanquestを作れるまでレベルアップするのがお勧めです
英語ですが、El's Cookingのページがかなり情報量多いです。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
海外出張に立つ前のやっつけ仕事の記事なので、リンクとか貼ってません。。。ごめんなさい  一ヶ月ほどブログ更新が滞ります。書きたい事はいっぱいあるんだけどなぁ。。。

(9月23日)リンク貼りました!
 

Darkmoon Faireが昨日から始まりましたが、Professionのスキルが+5のクエストをする材料を毎回もって行き忘れるので、メモとしてまとめてみました:

Alchemy:
Moonberry Juice x 5

Archaeology:
Fossil Archaeology Fragmentx 15

Cooking:
Simple Flour x 5

Inscription:
Light Parchment x 5

Leatherworking:
Blue Dye x 5, Coarse Thread x 5, Shiny Bauble x 10 

Tailoring
Blue Dye x 1, Coarse Thread x 1, Red Dye x 1 


材料の名前をクリックすると、売っている人のリストが表示されます。

MoPでは、Cookingのskillを上げるのが結構大変なので、早速Darkmoon FaireにSimple Flourを持って行ってみたのですが、なぜかCookingとFishingのクエストが。。。無い?!もしかしてMoPでは、新しいデイリーとかをしてskill上げてくださいっていう事なんでしょうか。。。

修理ロボットの作り方を、四部作で書いています。今日はその第四部、修理ロボットの最終形態Jeevesの作り方です!

第一部:Field Repair Bot 74A 
第二部:Field Repair Bot 110G 
第四部:Jeeves (← 今日の分)

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

Jeeves1

準備
  • まず心の準備。人によっては、設計図が手に入るまで何時間もかかるようなので、気長にやりましょう
  • Engineeringのスキルは、倒した敵をsalvageできるよう十分高くしておく必要があります。The Storm Peaksでファーミングするならば425、Borean Tundraでファーミングするならば。。。かなり前なのでちょっと覚えていませんが、395あれば十分のようです
設計図の入手法
Jeevesの設計図は、Northrendにいるmechanicalタイプ(ロボットとか戦車とか機械系の敵)のモンスターのどれからでもドロップする可能性がありますが、レベルの低い敵の場合は可能性が低く、敵のレベルが上がるにつれてドロップする可能性も高くなります。設計図は、敵が死んでlootした後、さらにもう一回右クリックする事でsalvageして手に入れます。

Northrendに来たばかりのレベル68-72のキャラならば、Borean TundraのFizzcrank Airstrip南東に、小さなロボットがうようよしているエリアがあるので、そこでクエストを進めながらトライ:

JeevesMap1

既にレベル85のキャラならば、一番ポピュラーな方法はThe Storm PeaksのTerrace of the MakersにいるLibary Guardianを延々と設計図が手に入るまで倒し続ける方法:

JeevesMap2

その他、Ulduarのraidのボスとか、Northrendのダンジョン内のロボット(Hall of Lightning, The Oculusなど)をsalvageしてもOK。

材料

入手するのが一番難しいのは、多分Titansteel Barだと思います:
  • Titanium Bar:自分でminingのスキルを使って掘るならばIcecrownが一番数が多いです。。。が、それでもめったに見かけません。ほかの方法としては、Alchemyを持っている友達に頼んで、Transmute: TitaniumのスキルでSaronite Barをtransmuteしてもらう事もできます。一つのTitanium Barを作るのにSaronite Barが8ついるので、この場合は192 x Saronite Barまたは384 Saronite Oreが必要になります。Saronite Oreは、Sholazar BasinやIcecrown、The Storm Peaksなどでminingできます。他にライバルがいないのならばSholazar Basinがベストです
  • Eternal Fire/Earth/Shadow:EarthとShadowはmining中に手に入りますが、AHでのお値段も結構安いので、買っても良いかも。Fireは、火のエレメンタルからドロップする可能性があるので、Wintergrasp南東のThe Cauldron of Flames(83.58,72.71)またはThe Storm Peaks南東のFjorn's Anvil(76.92,62.92)でファーミングできます。もしZapthrottle Mote Extractorを持っているならば、それを使ってCinder CloudやSteam Cloudなどからゲットできます
その他の材料を手に入れるのは、そんなに難しくありません:
  • King's Amber:もしJustice Pointsが余っているならば、DalaranのThe Silver Conclaveの2階にいるArcanist Ivrenne(Alliance)、またはSunreaver's SanctuaryにいるMagistrix Lambriesse(Horde)から、一個220JPで購入できます。AlchemyのTransmute: King's Amberで、Autumn's GlowとEternal Lifeから作成することもできます
  • Handful of Cobalt Bolts:設計図をファーミング中に手に入ります。足りない分は、Cobalt Barを使って作成可能
  • 材料になる修理ロボットの作成方法は、前の3つの記事を参照にしてください。リンクはこの記事のトップにあります

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

Jeevesはこんなロボット:

 Jeeves2

修理ロボットの作り方を、四部作で紹介しています。今回はその第三部、Scrap Construction Kitの作り方です!

第一部:Field Repair Bot 74A 
第二部:Field Repair Bot 110G 
第三部:Scrapbot Construction Kit (← 今日の分)
第四部:Jeeves

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ 

Scrapbot

準備
  • 必要なクエストはレベル77にならないとできないので、まずキャラクターをレベルアップ
  • Engineeringのスキルを425まで上げておくと、同時にJeevesの設計図をゲットするチャンスがあります。スキルは、少なくとも400まで上げておかないと、クエストをスタートさせるアイテムが入手できないようです
  • 4 x Handful of Cobalt Boltsと5 x Overcharged Capacitorを作って持っていく事

設計図の入手法

Northrendの北東にあるThe Storm Peaksというエリアの北にあるTerrace of the Makersに行きます。

ScrapbotMap

Libary Guardianを殺して「Scrap-E Access Card」をゲット。これをクリックしてSCRAP-Eというクエストをスタートします。ちなみに、Libarry Guardianを殺した後lootして、もう一回右クリックしてsalvageすると、運がよければJeevesの設計図が手に入ります!運が悪くても、売れるようなものとか、使える部品とかが手に入ります。

Terrace of the Makersの南西にThe Inventor's Libaryという大きな建物があります。建物の中に入って左側にSCRAP-Eというロボットがいるので、クエストに必要なアイテムを渡してクエスト終了。次のクエストThe Prototype Consoleを同じ部屋の中で終了させてロボットが作れるようになります。

InventorLibrary

注:
もし暇ならば、このエリアでLibrary Guardianを殺してsalvageしまくると、いずれJeevesの設計図が手に入ります。Lootした後に必ずもう一回右クリックしてsalvageするのを忘れない事!Telがやった時は、20分くらいで設計図をゲットしましたが、Wowheadのコメントによると、数時間かかった人もいるようなので、気長にやりましょう


材料

まずクエストに必要な物:
Cobaltは、Borean Tundra辺りを回れば山ほどminingで手に入ります。Crystallized Earthもminingで同時に手に入るので、あまり苦労はしないはず。

使い捨てロボット5個分の材料:
  • 10 x Saronite Bar = 20 x Saronite Ore
Saroniteは、Sholazar Basinに山ほどあるので、miningで楽々ゲット!多分修理ロボットの中ではこれが一番材料が手に入れやすいと思います。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

こんなロボットです:

Scrapbot2

こちらの方が、色がかわいいのでJeevesより好きなのですが、使い捨てタイプなのが残念!

修理ロボットの作り方を、四部作で書いています。今日はその第二部、Field Repair Bot 110Gの作り方です!

第二部:Field Repair Bot 110G (← 今日の分)
第三部:Scrapbot Construction Kit 
第四部:Jeeves

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ 

Repairbot110G


準備:
  • 噂によると、Engineeringスキルがある程度高くないとレシピがドロップしないとの事なので、まずレベル360までスキルアップ。Engineering持たないキャラではゲットできません
  • 空を飛べないとたどり着けない場所なので、flying mountを先にゲット
  • 倒さなくてはいけない敵はレベル70なので、キャラクターのレベルが67以上になってからぐらいが良いかも

1.設計図の入手方

設計図は、Outlandの北西、Blade's Edge Moutainsの西にある、マップ上ではOgri'laと書いてある場所でゲットします。4箇所Apexis Monumentというクリスタルで出来た建造物があり、その周辺に6人のGan'arg Analyzerという敵がいるので、それを倒してlootする事でレシピをゲットします。Monumentの場所は赤丸で表示しています:

110G_map
 
座標表示addonを使用の場合の座標:

31.75. 63.81
33.40, 51.82
28.83, 46.55
27.39, 68.54

順番にMonumentを回り、レシピを入手するまでひたらすらAnalyzersを殺すだけ。
 Apexis Monument

レシピをゲットしたのはかなり前なのでよく覚えていないのですが、多分15分くらいでドロップしたと思います。空を飛んでいるときには、地図上で灰色のエリアになっているForge Camp TerrorとForge Camp Wrathには近づかないように!撃墜されます!

2.材料
  • 8 x Adamantite Bar (= 16 x Adamantite Ore)
  • 8 x Handful of Fel Iron Bolts (= 8 x Fel Iron Bar = 16 x Fel Iron Ore)
  • 1 x Khorium Power Core (= 1 x Khorium Bar + 1 x Primal Fire = 2 x Khorium Ore + 10 x Mote of Fire)
この材料で、使い捨てタイプのロボットが5個作成できます。

Fel Iron は、Hellfire Peninsula、 adamantiteはNagrandでmining。Khoriumはめったにみかけませんが、Burning Crusadeのエリアのどこでもminingできる可能性があるようです。Terokkar Forestの端のあまり人が来ないような所で見かけた事が何回かあります。

Mote of fireは、miningしている時にたまにゲットできるので、材料集めしている間に多分10個手に入ると思います。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ 

こんなロボットです:
RepairBot110G2
 

このページのトップヘ