昨夜は、Blackwing Descentの続きで、Omnotron Defence Systemをやっつけてきました!これで二人目のボスがダウン!やったね!!

さて、感想ですが、ポジショニングが非常に大切なのと、ボスのコンビネーションによって柔軟に対応しなくてはいけないというのがありますが、それ以外は特にすごく難しいボスではありませんでした。Telは、うっかりモアイ像の側に立って、新しく起動したボスに殴られて死んだことが何回かあるので、ヒーラーおよびRDPSの皆さん気をつけましょう!


攻略法は、Xurgeさんのブログに詳しく記載されているので、 restoration druidの観点からいくつか注意点:

Arcanotron:
  • このボスが起動したら、ひたすらストーカーとなり、水色の渦が地面にできるのを待って、渦の中に立つと、マナが返ってきます
  • ただし、Electronが一緒にいる場合は、HPが低い状態でみんなと一緒に立つと、Electric Dischargeで死んだりする可能性があるので、その場合は離れて立つこと
Electron:
  • Electric Dischargeを避けるため、みんな最低6ヤードは離れる必要あり。みんな離れて立っていると、誰かがLightening Conductorのdebuffをゲットしても、動く必要がないので楽です
Magmatron:
  • ヒーラー泣かせのボス。Acquiring Targetで赤いビームのターゲットになっているプレーヤーが、100%のHPでない場合は、Rejuvenation+Swiftmendで対応し、その後Healing Touchの詠唱をすぐに始めること
  • ターゲットになった人は、基本的にその場所を動かず、周りの人が動いてビームを避けること。ただし、Toxitronがいる場合、ターゲットの人が動く必要があったりするかもしれません。。。
  • Incineration Security Measureの時に、TranquilityやTree of Lifeを使う。それ以外の時は、ひたすらHPの一番低い人から順番に素早く治癒しないと、次のAoEの時に困ります
  • ひたすらRejuvenationとWild Growthをかけまくり、Clearcastの時は、可能ならばHealing Touch。ただし、結構多くのプレーヤーのHPがかなり低い場合は、Regrowthでできるだけ多くのプレーヤーを治癒するほうが良いかもしれません。この場合はNature's Bountyのタレントに3点入れておいたほうがいいでしょう
  • Telのグループではやりませんでしたが、Electronがいない場合は、healerとrdpsが一緒に立つことで、EfflorescenceなどのAoE治癒スペルが使えるようになるため、少し楽になるかと思います
  • 自分のHPがかなり低い場合は、Barkskinを使うこと

Toxitron:

  • このボスが起動したら、部屋の反対側に移動
  • Addsが出てくるので、自分がターゲットになっている場合や、Addsが他のプレーヤーに近すぎる場合は、Entangling Roots(glyph使用)を使って、時間稼ぎをしましょう
━─━─━─━─━─

 

みんなまさかOmnotronを簡単に殺せるとは思っていなかったため、次のボスの攻略法を全然リサーチしてませんでした。。。Maloriakで11回wipeして解散したのですが、来週また来ませんかとお誘いを受けたので、水曜日にまた行ってきます!