World of Warcraft で LOL

Resto DruidによるWorld of Warcraft のブログです (Twitter: @TellervoTree)

2013年09月

Proving Groundsは、ソロ版のChallenge Modeみたいな感じで、自分のスキルをテストするのに使えるinstanceです。アチーブメントとタイトルをゲットできたので、今日は私が使ったセットアップについてご紹介など。。。

Proving Groundsに入るには、Temple of the White Tigerで一番大きな建物に入って直ぐ右にいるNPCに話しかけるか、Class Trainerに話しかけてsolo instanceにキューを入れます。 

Proving Grounds(Healer)について:
  • Healerバージョンは、自分と4人のNPCを含む5人のパーティーをhealし、一人でも死んだ時点でゲームオーバ
  • Flaskとbuff foodは使えるけど、potionは使えません。Resto DruidにはIntellectのをお勧め
  • Bronze(5 waves)、Silver(8 waves)、Gold(10 waves)、Endless Wave(10 wavesをずっと繰り返し)の順に難易度が上がっていき、Endless Waveで30 wave以上まで行ったら、「The Proven Healer」のタイトルとアチーブメントがもらえます
  • Endless Waveの1つのwaveは1分間です
  • Endless Waveの場合は、1つのWaveごとに、敵のダメージがGoldの時から1%増えます。つまり、Endlessのwave 10は、Goldのwave 10より10%増し、wave 20ならば20%増となります
  • Endlessの場合、Wave10/20/30..が終ると、15秒間のボーナスタイムがあり、その時間に戦闘に入っていなければ、水を飲むなどしてマナを回復する事が可能です。Restorative Amberがマナ回復スピードが速いのでお勧めです
  • Raid buffは自動的にもらえます。5% spell hasteを含みます
  • 入口に向かって立った場合、奇数waveはゲートのすぐ右側からspawnし、偶数waveは左側からspawnします。Wave 9はなぜか右側の遠いところにspawnします

(1)装備

  • 装備は、全て463にスケールダウンされます。463以下の物はそのままです
  • Legendaryのgem/meta/cape procは無視されます。また、Tier set bonusも使えません
  • Gemとenchantはスケールダウンされないので、1H+OHで、socketが多い装備が良いかと思います
  • 私の装備はhaste ratingを3043にした後にmasteryをstackして、gemはSpirit重視でしたが、reforge/gemmingは個人の好みだと思います
  • Instanceの中に入ったら、Mystic Quillstarに話しかけて、reforgeができます

(2) Talent & Glyph

Level 15: Feline Swiftness
Level 30: Cenarion Ward (Ysera's Giftでも特に問題は感じられませんでしたが、最終的にはこれにしました)
Level 45: Typhoon 
Level 60: Incarnation (他のtalentを使う人もいるようですが、Force of Natureは弱く感じられ、Soul of the ForestはWild Growthを遅らせるのが不便なので、あえてIncarnationを選びました)
Level 75: Mighty Bash (Disorientating Roarは、hive-singerに対し全く役に立ちませんでした)
Level 90: Heart of the Wild (一番ポピュラーなのはNatures' Vigilですが、マナがきつく感じたので、あえて+6% IntのHotWにしました)

Major Glyph: Glyph of Efflorescence + Glyph of Regrowth + Glyph of Fae Silence
Minor Glyph: Glyph of the Sprouting Mushroom

(3) 準備

  • 持って行くもの:Restorative Amber、flask、buff food
  • 始める前にWild Mushroomを満タンにしておく
  • Symbiosisをtankにかける
  • Reforge必要ならする

(4) 味方のリスト

Tank(warrior): Oto the Protector。Shield Wallをいつ使っているか見えるようにraid frameを設定しておくと良いです
DPS(rogue): Ki the Assasin。
DPS(mage):Kavan the Arcanisst。DPSの中では一番ダメージを受けやすいような気がします。。。
DPS(hunter): Sooli the Survivalist

(5) 敵のリスト

Small/Large Illusionary Aqualyte: Aqua Bombのdispelさせちゃんとすれば大丈夫。Dispelの優先順序は、tank → rogue → mage → hunter → 自分。
Small/Large Illusionary Conqueror: Enrageしたらtankが痛い思いをするので、tankがShield Wall使っていなかったらIron Barkの出番。EnrageはSootheではdispelできませんでした
Small/Large Illusionary Flamecaller: 出てきた後に溶岩を降らせるので(Invoke Lava)、できるだけchannelをinterrupt。火の玉(Fireball/Pyroblast)を飛ばしてくる。この敵が出ていると、一瞬でHPがごそっと減るので、減ったNPCを大急ぎでhealしないといけません
Small/Large Illusionary Hive-Singer: 「Large Hive-Singerを制する者Proving Groundsを制す!」。Proving Groundsで一番厄介で、一番wipeの原因となる敵。1秒castのSonic Blastが痛い上にマナを消費してしまうので、できるだけinterruptする必要あり。NPCがinterrupt頑張ってくれるけど、自分でもしないと間に合いません。Smallの方のAoEはそこまで大変ではないです
Small/Large Illusionary Ripper: 存在感薄い雑魚
Small/Large Illusionary Tunneler: ChompのDoTは痛いので、できるだけターゲットのHPを90%以上まで回復して消す必要あり。ダメージを受けているtankに付いたら、なかなか消せないのが大変

(6) CC/Interruptについて

Interruptをする事で、ダメージを減らしマナをセーブできるため、できるだけinterruptする必要があります。特にLarge Hive-SingerのSonic Blastは、できるだけinterruptしないと、とても困った事に。。。

Resto druidが使えるinterruptはいくつかあります:

Typhoon: Level 45のtalent。6秒dazeで30秒CD。一番お手軽に使えますが、knockbackしてしまうので、DPSがちょっと下がってしまいます
 
Mighty Bash: Level 75のtalent。5秒stunで50秒CD。敵のかなり近くに立っていないといけないのと、たまにミスってしまうので、ちょっと難しいですが、あったら便利です

Wild Charge(bear form): Level 15のtalent。5-25 yard。4秒immobilizeで15秒CD。ちょっと使ってみたけど、効いているかどうかは謎。
 
Intimidating Roar (Symbiosis): 8 yard rangeのAoE fear。8秒継続で1.5分CD。Warrior tankにSymbiosisを上げる事で使えるようになります。Fearするので敵がばらけてちょっとDPSが落ちてしまいますが。。。

Glyph of Fae Silence + Bear Form + Faerie Fire: Shape Shiftに1GCD使うので、他の2つの方法に比べて遅いです。面倒なので、Wave 30のアチーブメントにはあえて使いませんでしたが、どうしてももう1つinterruptが欲しい方はどうぞ!

Rod of Amber Shaping: 持っていないので、使えるかどうかは不明です
 
Cycloneはできませんでした

(7) Waveについて

Wave 1: Large Flamecaller + Small Ripper x 2

特に書くことはない簡単なwave。

Wave 2: Large Hive-Singer + Large Aqualyte + Small Ripper

結構ダメージが高いWave。Dispelをしっかりしつつ、Hive-Singerを頑張ってinterruptして、TranquilityでHPを安定させる。Tree of Lifeもここで使えます。

Tankが最初のAoEをchargeでとめてくれるので、interruptするのは3回目のAoEくらいから

Wave 3: Large Tunneler x 2 + Small Ripper

Chompが2人の人に付くのでちょっと面倒。DPSの方は、できるだけマナをセーブするために、Clearcast+RegrowthとかSwiftmendで対処。Tankに付いたら、Regrowth spamなどしないとなかなかdebuffが消えないので大変。

Wave 4: Large Aqualyte + Small Aqualyte + Small Flamecaller

Spike damageが痛いwave。Aqualyteが2人居るので、最初はどうしてもAqua Bombが爆発していまいます。爆発すると、近くの人にダメージ+knockbackなので、tank/meleeを優先的にdispel。自分は一番最後で、debuffが来たら少し離れて立ちBarkskinでやり過ごします。Aqualyteどちらか一人が死んだら、後は簡単なwave。

Wave 5: Large Conqeuror + Large Hive-Singer + Large Tunneler

かなり痛いwave。ただし、ここでTranq使うと、channel中にtankが落ちるという事が数回あったので、ここはあえてTree of Life とWild Mushroomなどで、tankのHPを安定させる事に集中しつつAoEをしのぐ感じ。

Wave 6: Small Aqualyte + Small Flamecaller + Small Tunneler + Small Ripper

普通。特別な事をする必要はなし。

Wave 7: Small Conqueror x 2 + Small Hive-Singer x 2

TankのHPに気をつけつつ、Wild GrowthでAoEをheal。このWaveの終わり近くになったら、TyphoonするためWave 8のspawn場所へ移動。

Wave 8: Small Flamecaller x 4 + Small Ripper

最初に部屋がfire patchだらけになり、NPCがspike damageを受けるので面倒。Flamecallerは一列に立って出現するので、出てくる前に列の一番後ろの位置まで移動して、TyphoonでTank側にknockback。ダメージを受けたNPCはHPが半分ぐらいになるので、大急ぎでhealしないとちょっと危ない。一番後ろのFlamecallerが遠くからcastし続けて、味方のAoEの中に入ってこないのも面倒なので、マナに少し余裕があるならDPSを手伝った方が、次のwaveの準備に良い。

Wave 9: Large Hive-Singer + Small Tunneler + Small Aqualyte

一番痛いwave。しかもspawn位置が離れているので、最初の2つのAoEはinterruptしにくい。ここはCD全開で行く必要あるので、まずHeart of the Wildで+20% healにしつつ、できるだけhive-singerにDPS。Tranq使って全員のHPを安定させたら、あとはなんとかなるはず。Tree of Lifeを使うと、Wrathのcastスピードが速くなるので、HotWと組み合わせてできるだけ早くhive-singerを殺したい。

Wave 10: Large Conqueror + Small Flamecaller + Small Aqualyte

Wave 10の後のマナ回復時間を確保するために、ここは残っているマナを使ってDPSの手伝い。全く手伝わないと、マナ無しで次のWaveをするはめになります!Tankダメージがちょっと痛いですが、このwave自体はそんなに大変じゃありません。Combatから抜けたら、Lifebloomをrefreshした後、すぐマナを回復。

(8) CD使用について

選ぶTalentによって、使えるCDも変わってきますが、私は次のように使いました:

  • Tranquility: Wave 2 & 9
  • Tree of Life: Wave 5 & 9 (Wave 2 の最初でも使える)
  • Heart of the Wild: Wave 9
  • Nature's Swiftness: 必要に応じて。Tankとmageに使う事が多いです
  • Ironbark: Conquerorが出ているときに、tankに使う事が多いです。たまに死にそうなDPSに使う事もあります
  • Barkskin: Wave 4で、2つのAqua Bombのうちどちらか1つが私に来た場合は、自分のはdispelせずにBarkskinだけ使います。あとは必要に応じて使用

(9) 他のresto druidのガイド

Druid用のガイドでは、Hamletさんのビデオが有名です。



私のセットアップと違うところは:
  • 装備はHaste breakpoint + Masteryで、Spiritは少なめ
  • Incarnationの代わりにForce of Nature使用
  • Heart of the Wild代りにNature's Vigil使用
  • Glyph of Fae Silenceの代わりにGlyph of Healing Touch使用
ぐらいかな? 


30 waveを終えての感想:

Tankが瞬殺されるという事がないので、Challenge Mode Goldよりは少し簡単に思えました(Waveの数が高くなるとそうじゃないかも)。ついでに言うと、druidで本当に良かった。。。と心から思いました。Classによっては、とても難しくなるのではないかと思います。

World top 20 を見る限りでは、現在monkがダントツ強く(10人)、次にdruid(5人)、そしてshaman(4人)となっています。WoWProgressで確認できます:

リリースされた時は簡単だったのに、その後のhotfixのバグでいきなり難易度が上がり、9月19日のhotfixで修正が入ったという事情があるため、バグっている時にトライして心が折れてしまった人は、再トライをしましょう!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ:これはいったいどこでしょう?(白黒にしてちょっと不気味さを演出してみました!)

Whereisit11

 ヒント1:多くの人が行った事ある場所だと思います
ヒント2:カメラをもうちょっと下に向けると、場所が一発でばれてしまうある物があるため、あえて天井に向けてスクリーンショットを撮っています
ヒント3:ソロでいける場所です

前回の答えは、Twilight Highlandsの(62.74, 18.1)にあるドワーフの墓場でした!この山の上には、スタイルが違う別の墓場があります。 

T16のraid bossでは、Blizzardのbarやaction buttonを使う必要があるボスが何人かいます。ただ、デフォルトで出てくる場所が、ヒーラーにとってはとても不便。下辺真ん中あたりにraid frameを置いている人は、barが見えにくかったりしてしゃれになりません。そこで、今日は特定のボスの時に出てくるbar/buttonの動かし方をカバーしてみたいと思います。

ステップ1:MoveAnythingのaddonをダウンロード

 ダウンロード先はこちら:
http://www.curse.com/addons/wow/move-anything

ステップ2:ゲームの中で、MoveAnythingのオプション画面を開く

チャットプロンプトで「/move」とタイプすると開けます。

ステップ3: 「Raid Boss Alterantive Bar」の移動

Norushenのcorruptionや、Sha of Prideのprideのレベルを表示するバーは「Unit: Player」→「Raid Boss Alternative Bar」 になります。 

AlternateBar

「Mover」にチェックを入れると、灰色のボックスが表示されるので、それをドラッグして好みの場所に移動します。

 MoverBox

終ったらチェックを外しましょう。

ステップ4:「Extra Action Button」の移動

The Fallen Protectors のMark of Anguishを他の人に移すのに使うボタンも、ステップ4と同じ要領で移動が可能。ボタンの設定は、「Blizzard Action Bars」→「Extra Action Button」

ステップ5:Barの位置のテスト

Barの微調整には、Shado-Pan Monasteryのラスボスが便利です。


ちなみに、そもそもcorruption barが表示されていません!という人は、UIのaddonの設定を見直してみてください。もしAlternate Power Bar(もしくは似たような名前の物)がオンになっている場合は、それをオフにすると表示されるようになったりします。例えば、Shadowed Unit Framesを使用しているならば、「Unit Configuration」→「Player」→「Bars」→「Enable Alt. Power bar」のチェックを外してみましょう。


Happy Raiding!! 

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ:

これはいったいどこでしょう?

Whereisit12b

ヒント1:Cataclysmのエリアです
ヒント2:Allianceの方が見つけやすいかもしれません


前回の答え:遭難者は、Mount Neverestの頂上近く、(46.22, 52.05)にいます。道も何も無いところになぜ?!他にも遭難者がいるので、暇な時に探してみてね!


Patch 5.4は、resto druidの変更がてんこ盛りです!変更が多すぎて目が回りそうですが、頑張ってまとめてみたいと思います。

(1) 新しいスペル:Genesis

レベル88から使える、新しいスペル「Genesis」が追加されました!60 yard以内の仲間にかかっているRejuvenationが、400%の速さでtickするというものです。現在CDなしのinstant spellで、Rejuvenationと同じ量のマナが必要です。

Burstがまた強くなっちゃったな~  

(2) デフォルトでもらえるようになった:Nature's Swiftness & Glyph of Lifebloom

いままでNature's Swiftnessは、レベル30のtalentでしたが、restoとbalance druidは、自動的にレベル30でもらえるようになります!

Glyph of Lifebloomは、Lifebloomの残り時間が2秒以上あるならば、Lifebloomをstack数そのままで他のプレーヤーに移動させる事ができるという物でしたが、これも自動的にもらえるようになります!

(3) 新しいtalent: Ysera's Gift

Nature's Swiftnessがtalentではなくなったので、そこのスポットに新しい「Ysera's Gift」というtalentが入りました!5秒ごとに、druidのmax HPの5%分druidをhealしてくれて、もしdruidが100% HPならば一番ダメージ受けている近くのプレーヤをhealするというものです。楽になるなぁ。

(4) InnervateがSpiritに影響される

現在の時点では、自分に使ったらdruidのmax manaの20%を与えてくれるというもので、レベル90のmax manaは300kと決まっているので、どんなに装備が上がっても60kマナと決まっていましたが、5.4からはdruidのspiritの500%をマナとして与えてくれるようになります(一時的にSpiritが増える効果は無視される)。ということは、12k spiritがあれば今までと変更なしという事になります。また、かえってくるマナの量は最低でもmax manaの8%なので、裸で走り回っていてもマナはある程度戻ります。

ちなみにInnervateのglyphは、現在は自分以外の人にInnervateを使うと自分にも10%のマナがかえってきますが、5.4からは、相手も自分もInnervateの効果が40%減となります。人にInnervateを使った場合:
5.3自分:30k
5.3相手:30k
5.4自分(12k Spiritと仮定):36k
5.4相手:36k
...で計算はあっていると思います。多分。

(5) Wild Mushroomの仕様が大幅変更

詳しくは「Patch 5.4 PTR: Resto Wild Mushroomの変更」でどうぞ!

(6) Level 90のtalentの変更
(7) Living Seedの変更

昔からいらない子扱いで、みんなに忘れさられているLiving Seedですが、5.4で少しは使えるようになります!

Living Seedのおさらい:もしSwiftmend/Regrowth/Nourish/Healing Touchがcritしたら、その30%と同じ量を次に(15秒以内に)ターゲットが攻撃された時にhealする。

今までは、前のLiving Seedがまだ残っている状態でhealがcritしたら、前のが上書きされていましたが、5.4からはresto druidのHPの50%分まではstackするようになります。また、もしターゲットのHPが既に100%だったら、殴られてもprocせずにそのまま残り続けます。ちょっとでも殴られたら、たまっていたLiving Seedが全部使われてしまいます。

(8) Soul of the Forestの変更

Soul of the Forestのtalentが、ちょっと強くなります。今までは、Swiftmendを使ったら、その次のスペルが+75% hasteでしたが、5.4からは+100%になります。

(9) Glyphの追加・変更

Glyph of Efflorescence:Glyph of Lifebloomが、5.4で自動的にGlyph of Efflorescenceに変わります。このglyphを使うと、今までSwiftmendのターゲットの足元に出ていたEfflorecenceのAoEが、Wild Mushroomの
足元に出るようになります。しかも、Swiftmendのと違い、Wild Mushroomがある限りずっとAoE healします。また、Swiftmendの治癒量が+20%になります。

Glyph of Innervate:変更の内容は上に書いた通り

Glyph of Sprouting Mushroom:Wild Mushroomを置く場所を、緑のターゲットサークルで指定できるようになります

(10) 5.4装備について

装備リストはJuvenateさんのブログからどうぞ。

Trinketのリストは、WoWHeadにあります。Trinketに関する情報(未確認の物も含めて)は次の通り:
  • Thok's Acid-Grooved Teeth: Healingをcleaveしてくれるtrinketですが、どうやら8 yard rangeらしいです
  • Prismatic Prison of Pride: 高いhaste breakpointに到達するのに役立ちます

T16のセットボーナスは次の通り:
  • 2T16: Rejuvenationのtrickは、12%の確率でSagemenderをprocします。これがprocすると、次のHealing Touchのマナ及びcast timeが20%減ります。また、このbuffは5個までstackします。5個stackすると、instantで無料でHTが使えるので、Nature's Swiftness + Healing Touchみたいなものになります
  • 4T16: Wild Growthのターゲットが、instant(最初のtickを待たずに)にSpell Power x 0.25healされます(Spark of Lilfe)。Item Level510ぐらいで6kぐらいのようです。ちなみにこれはHarmonyに左右されません
トークンを落としてくれるボスは次の通り:
  • Head: Thok the Bloodthirsty (The Underhold - 3rd wing - 11th boss)
  • Shoulder: Siegecreafter Blackfuse (Downfall - 4th wing - 12th boss)
  • Chest: Sha of Pride (Vale of Eternal Sorrows - 1st wing - 4th boss)
  • Hand: General Nazgrim (Gate of Retribution - 2nd wing - 8th boss)
  • Leg: Paragons of the Klaxxi (Downfall - 4th wing - 13th boss)

私のようなLFR raiderは、4T16が揃うまでしばらくかかりそうです。。。しょぼーん。。。

 WoWScrnShot_090913_071023

(11) Haste Breakpointsについて

さて、5.4関連でかなり色々話題になっているのがhaste break pointです。今までは3043でしたが、T16装備でhasteにreforgeすると、かなりhaste ratingを高くする事ができるので、どうしようかという話。簡単にまとめると:

+5% hasteが無い場合:
  • 5316でRejuvenationのtick数が1個増える
  • Soul of the ForestでWild Growthを使っているならば、4339/7834/11289がSotFのbreakpoints
  • SotF無しのWG breakpointは9109

+5% hasteがある場合:
  • 13163でRejuvenationのtick数が1個増える
  • Soul of the ForestでWild Growthを使っているならば、5437/8728がSotFのbreakpoints
  • SotF無しのWG breakpointは6652/12458

なので、13163狙いの人が結構いるようです。3043のままにしておくか、13163にhasteをするかは、個人のヒーリングスタイルによりけりだと思いますが、私は昔から「いざという時に頼れるのはマナ!」という人なので、しばらくは3043で続行の予定です。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

ヒーリングには直接関係ない変更も山ほどあるので、詳しくは5.4 Patch Notesをどうぞ!
http://us.battle.net/wow/en/blog/10158897/


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ No. 2:遭難者を探せ!

この遭難者はどこにいるでしょう?↓

 5


前回のクイズの答えは、Terokkar ForestのFirewing Pointでした!即答されてしまったのでつまらない!

Patch 5.4で、druidのlevel 90のtalentに変更が加わります。Disc priのAtonementに似たようなtalentもあるので、resto druidにとってはちょっと面白くなるかもしれません 

(1) Heart of the Wild

元々の仕様に加え、resto druidはHeart of the Wildの効果が持続している間、ヒーリングが25%増えます。6分CDなのですが、常時Int/Agi/Stamが6%増という効果もあるので、かなり強いtalentです。

あと、一応熊としてtankできるという効果もありますが、あまり使っていません 

(2) Dream of Cenarius

現在は、DPSスキルを使った直後のhealing spellが30%増し(tranq除く)という、使いにくい事この上ないスペルで、誰も選択していなかったタレントですが、patch 5 .4でdruid版atonementとなります。

Wrathのダメージが20%増え、ダメージと同じ量のヒーリングを近くにいるプレーヤーに対してしてくれる。。。という物になります。ただ、disc priestのAtonementに比べると、やはりちょっと弱いな~という印象です。Patch 5.4でWrathに必要なマナが50%増えるので、あまりspamできなさそうです。

(3) Nature's Vigil

現在は、使用するとダメージもヒーリングも30秒の間10%増になるスペルですが、これが12%増しになります。Single targetのヒーリングが近くの敵に、ヒーリングした量の25%のダメージを与えるというのはそのまま据え置き。

Patch 5.4では、これに加え、single targetのヒーリング量の25%が近くのプレーヤーに(同じプレーヤーをhealしてくれるかどうかは不明)。1.5分CDなので、結構強いtalentになりました!



前は、NVが弱くDoCが使いにくかった事もあり、ほぼHeart of the Wildで通していましたが、こうなるとどれを取るか悩むところです。。。ボスによってtalentを変える事になりそうですね。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ:これはどこにあるでしょう?

Whereisit10

ヒント1:類似品に気をつけて!背景をちゃんと見ましょう!
ヒント2:Allianceでも行ける所です

前回のクイズの答えは、Jade Forestの(52, 13)にある家でした!ちなみにこの風船がいっぱいついた家は、映画「Up」から来ているらしいです。こんな映画です:







現在ちょっとOP気味のWild Mushroomですが、5.4で仕様がかなり変わります。そこでresto Wild Mushroomの変更についてまとめてみました!

(1) 3個から1個になる

今までは3個まで出せましたが、1個になります。1個で3個分のヒーリングをするので損にはなりません。

(2) プレーヤーの足元に出る

今までは緑色の輪で置く場所にクリックしていましたが、5.4からはデフォルトでターゲットしたプレーヤーの足元に出るようになります。ただし、Glyph of the Sprouting Mushroomを使うと、以前のように緑色の輪で場所を指定できるようになります。

(3) 3秒CDが付く

今まではCDはありませんでしたが、これからはWild Mushroomを置くのと爆発させるのは、3秒CDをシェアする形になります。つまり、置いた次のGCDで爆発させる事はできません。

(4) SwiftmendのAoEをWild Mushroomに付けられる

Swiftmendをした時に出てくる緑色のAoE, Efflorescenceを、Glyph of Efflorescenceを使う事で、Wild Mushroomの足元に出す事が出来るようになります。しかも、Swiftmendの時と違って、Mushroomが出ている間ずっとEfflorescenceも出続けます。

ちなみに、現在Glyph of Lifebloomを持っている人は、それがGlyph of Efflorescenceに自動的に変更されます。

(5) 移動しても保存されたヒーリングの量が持ち越しになる

今までは、新しいWild Mushroomを出すと、保存されたヒーリングはまた0からスタートでしたが、5.4では保存された量はそのままで新しい場所に移動できるようになります。

(6) 100%チャージするのに時間がかかるようになる

RejuvenationのoverhealでWild Mushroomのチャージになるヒーリングの量がかなり減ります。

(7) Critしなくなる

爆発させてもcritしなくなります。


使いやすくなる分、ヒーリングが今ほどOPでなくなるという事ですね  今から楽しみです

 ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日のクイズ

メルヘンタッチのこの家は、いったいどこにあるでしょう?

Whereisit9

ヒント1:「翡翠の森」のどこかです
ヒント2:海の近くかもしれません 

前回の答えは、Blasted Landsにある「Altar of Storms」でした!かなり昔からあるものなので、古株のプレーヤーはみんな一発で分かったようです。

このページのトップヘ