World of Warcraft で LOL

Resto DruidによるWorld of Warcraft のブログです (Twitter: @TellervoTree)

2010年12月

Heroic攻略や、JC、Enchanting altsのレベリング、Arenaなどやる事がたくさんありすぎて悲鳴をあげているTelです。


小熊をレスキューしたり
Rescue Teddy

拷問のお手伝いをしたり
Torture Assistant

グリフォンの子守とか
Babysit Gryphons

なんか色々やっていますが。。。


でも本当にやりたいのはraidなんです!!!私のギルドはraiding guildではないので、昨日やっと100%ギルドのHeroicsができるようになりました。 多分raiding始めるのは一月の終わりごろでしょうね。。。

(英語版はこちら

HeroicバージョンのGrim Batolは、全部のボスを倒すのに2時間以上かかったりする、ほぼraidなみの難しさです。特に最後のボスは、DPSが足りないと倒せないので、ハイレベルの装備とスキルが必要になります。

その他、このダンジョンにはAddsが山ほどいるので、使えるCCが少ないグループは苦労するかもしれません。Dragonkinが非常に多いので、druidのhibernateなどが有効です。その他、ElementalタイプのAddsは、shamanかwarlockがCCできます。

ダンジョンの最初の方で、赤いドラゴン5頭を自由にしてあげると、そのドラゴンに乗って空中からAddsへの攻撃が可能です(チャンスは一回のみ)。コツとしては、みんな一緒にドラゴンに乗らず、他の人が乗ったのを確かめてから乗ることで、一列のフォーメーションを作って、前の人と同じところを攻撃することで、確実にAddsのHPを下げること。Normalを何回もして道順を覚えておくと、どのAddsのグループを倒したらいいかが分かってくるので、結構楽になります。特に、壁の凹んだところにいるグループはしっかり攻撃しておきましょう。

Addsリスト:
  • Twilight Wyrmcaller:ドラゴンを助けに呼ぶので、あくまでもWyrmcallerが一人のときに、動くスペースがある場所で倒すこと。ドラゴンの吹く火をよけにくいので、橋の上で戦うのはお勧めできません
  • Twilight Earthshaper:高ダメージのAoEがある上に、他のAddsを呼ぶので、常にCCしておくこと
  • Twilight Armsmaster:かなりのハードパンチャーです。Entangling Rootsなどで遠くにCCしておくと良いと思います
  • Crimson Firelords:これもハイプライオリティのCCターゲット。
  • Twilight Beguilder:2番目のボスForgemaster Throngusのエリアにいる、三人組ですが、そのうち二人をCCして、一人を集中攻撃しましょう。二人以上に攻撃されると、厄介です
ボス1:General Umbriss
  • Blitz:たまにボスが遠くにいるプレーヤーに向かって突進します。Heroicでこれにやられると即死なので、Blitzの警告が画面上に出たら、すぐ横にステップして逃げましょう
  • ボスの後ろにある岩の斜面から、わらわらとTrollsが襲ってきます。このうち、紫のMalignant Trollは病気を持っているので要注意。死ぬ時に爆発して、周りにいるプレーヤーにDoTダメージを与えたり、紫ではない普通のTrollを紫の奴にしてしまったり、ボスの側で死んだ場合はボスの与えるダメージを増やしてしまいます。可能ならば、紫のやつはCCだけにして殺さないようにするのが楽かと思います(殺さなければ新しいのは出てこないので)。普通のTrollは、tankがピックアップする必要があります。
  • ボスは坂の近くでtankして、healerは坂からできるだけ遠くにいるのがいいかと思います。大体troll達はhealerに向かって走って行くので、とりあえず紫のやつだけCCして、残りはtankがピックアップ、あるいは力技で、healerの周りをAoE攻撃して倒すのも有効です。Telは基本的におとり役なので、紫のやつはEntangling Rootsして、残りはBarkskin/Nature's Graspなどでひたすらサバイバルしたり、ギルドのmageさんが凍らせてくれるのを待ったりして対処しています
  • Bleeding Wound:Tankのみダメージを受けるDoTで、10秒過ぎるか、TankのHPが90%になるまでは消えません。でも治癒に特に苦労はしませんでした
  • Ground Siege:これが始まったら、TankとMeleeは逃げましょう!
  • ボスのHPが30%に落ちたところで、Frenzyが始まります。ボスの与えるダメージと攻撃スピードが50%増えるので、この時点でDPSとHealerはcooldownを使用しましょう

ボス2:Forgemaster Throngus
  • このボスはよく歩き回るので、入り口近くのAddsを倒した後に、そこに戻ってくるまで待ってから戦闘を始めるのがお勧めです。そうしないと、2番目のAddsグループとの戦闘中に戻ってきたりして、大変なことになります!
  • ボスが持つ武器によって、攻撃の内容が変わってきます
  • 武器1:Swordで二刀流:一番簡単なやつ。TankのDoTをdispelしましょう。Disarmなども有効です
  • 武器2:Mace: Tankは遠くから攻撃を加えましょう。近くで殴られると、HPがごそっと減ります。ボスの歩くスピードが非常に遅くなるので、Tankが殴られることは、基本的にないはず。その他、Impaleという攻撃で、Tank以外のプレーヤーがダメージを受けます
  • 武器3:盾:一番厄介なもの。盾から火を噴くので、全員ボスの後ろに回る必要があります。時々方向を変えて吹くので要注意。方向を変えた時点で、ボスの足の下をくぐって後ろにまわりましょう。これがこのボスでのwipeの一番の原因です。。。
  • 武器変更の前に、Tankは少し離れたところに立ち(Maceだったら困るので)、そのほかの人はボスのすぐ近くに立つと(Shieldだった場合に素早く後ろに回って火をよけるため)良いかと思います
  • 上から落ちてくる破片とか、床の火をよけること!破片が落ちてきた場合は、meleeが攻撃しやすいようにtankはボスの位置を変える必要があったりします
ヒント:Forgemasterを倒した後に、一回テレポートで外に出てダンジョンに入りなおし、赤いドラゴンに乗ることで、次の二つのTwilight Beguilerグループをスキップできます。ただし、着陸地点付近をパトロールしているaddsがいるので、tankに先に行ってもらいましょう

ボス3:Drahga Shadowburner
  • Invocation of Flame:火の精霊を呼び出し、その精霊がターゲットに辿り着くと爆発します。精霊が出る場所には火が燃え始めるので、画面に警告が出た時点で、みんな部屋の反対側に移動し、Entangling Rootsなどを使ってターゲットに辿り着く前に倒しましょう。殺した後は、みんな部屋の真ん中にもどること
  • しばらくすると、このボスはValionaという紫の竜を召喚します。床にある火をよけるのは簡単ですが、紫の炎を吐くので、その炎を避けるのがちょっと大変。Valionaが出た時点でみんな竜の近く、側面あたりに立つと、Valionaが方向を変えて火を吐いたときによけるのが楽になります。
  • Valionaと戦っている最中も、火の精霊は出続けるので、これを殺す事を忘れないように!炎を避けながら戦うのは結構大変ですが、これをしないと即Wipeです
  • Valionaは、しばらくしたら飽きて去っていくので、あとはDrahgaを倒すだけ

ボス4:Erudax

  • Shadow Gale:ボスがこれをcastし始めたら、大急ぎで部屋のどこかにある、小さな紫の渦巻きの中に立つこと。そうしないと即死です。渦巻きは、誰かの足元に出てくるので、特にmeleeの足元だったりするとすごく見えにくいです。。。
  • ボスがShadow Galeで部屋中紫にしている間は、余分にダメージを受けるらしいので(Telはhealerなので本当かどうかは知りませんが。。。)、HeroismなどのDPS cooldownは、安全ゾーンがボスのすぐ近くで、melee DPSが攻撃できる場合に使用すると良いと思います
  • Shadow Galeの後に、入り口から二人Faceless Guardiansというのがやってきます。この二人は左右に分かれて卵を孵そうとするので、卵が孵ってしまう前に殺しましょう。そうしないと、小さな竜がたくさんでてきて、Healerがダメージに対応できずwipeになります(ボスのHPも上がる)。DPSを左右に分けて、Slowなどを使って時間稼ぎしながら素早く倒す必要があります。Entangling Rootsなどは使えないのでかなり大変です(泣)
  • Binding Shadowという技は、ターゲットのHPがボスに吸われてしまうというもので、healerおよびdpsは、離れて立つことで、一人以上がやられないように気をつける必要があります。ヒーラーは、まずdispelしてから治癒すること。もし素早く動けば、この技を避けることも可能。詠唱が始まった時点で走って位置を変えると避けられます
  • Enfeebling Blow:Tankが受けるダメージで、遠くに弾き飛ばされます。ただ、この攻撃は、Tankが受けるダメージを一時的に100%増やしてしまうため、わざと弾き飛ばされて、ボスにTankの所まで走らせることでダメージを減らすことができます
  • その他、Shield of Nightmareという技は、Addsをアタック中のmeleeにダメージを与えるようですが、Telのグループにはcasterが多いので、あまり気づきませんでした。。。



Cataclysmがリリースされて十日たちましたが、かなり内容の濃い十日間でした。

リリースは、Telの住んでいるところでは夜7時だったので、WoWラッシュアワーの真っ只中。Stormwindはお祭り騒ぎでした。。。

Stormwind

この後花火の打ち上げとかもあってすごかったです(笑)。

リリース直後は、Azerothで空を飛びたい人が、トレーナーの所に集まって、Telは側にもよれませんでした。

Flight trainer

泣く泣くBlackrock Cavernsを探す旅に出たら、飛んでいる最中に、ギルドメンバーが「/tarでトレーナをターゲットして、Interact With Targetのkeybindingを使えばOKですよ」って教えてくれたのですが、その情報5分前にほしかった。。。結局Blackrock Mountainまでは陸路で行くはめになりました(泣)。

レベル85になって数日後、Heroic攻略からちょっと休みを取りたかったので、Archaeology発掘の旅に出ました。Stonetalon Mountainあたりに差し掛かったところで、急にあたりが暗くなり、空が真っ赤に。。。

red sky

これは。。。

これは。。。

奴だぁ~!!! 

 Deathwing

DEATHWING!!

瞬殺されました。。。

飛んでいたところが山の上だったので、死体がある場所に戻れず、泣く泣くSpirit Healerの所で再生しました。。。

この仕返しはBlackwing Descentで!! 

(内容は若干違いますが、英語版のガイド も用意してみました)

レベル85になって、Heroics攻略にあけくれているTelですが、マナの問題はレベル80の時とは比べ物にならず、本当に噂に聞いていたとおりでした。。。泣く泣くリスペック代を払ってMoonglowとMalfurion's Giftをピックアップしてからは、マナが無くなることはほぼなくなりましたが、他にも色々マナをセーブするために気をつけなくてはいけない事が多くあるので、今回はレベル85 restoration druidのマナについて書いてみたいと思います。

1.スペック

まずスペックですが、必要なタレントは:
  • Heart of the Wild
  • Revitalize
  • Malfurion's Gift
  • Furor (feral tree)
  • Moonglow (balance tree)
Telは、Furorには2点しか入れていませんが、他のタレントには満点いれています:

RestoDruidL85Spec

あと、戦闘中に再生した後、治癒する余裕がないので、Glyph of Rebirthを使っています。

Statsのプライオリティは、今のところ:
Intellect>Spirit>Haste>Mastery>Crit
にして装備を集めています。Reforgingを活用して、Crit/MasteryをSpirit/Hasteに変更しています。

2.Lifebloomを常に使う

WotLKでは、Rejuvenationが基本のスペルでしたが、Cataclysmでは、Lifebloomが大活躍です。Lifebloomの利点としては:
  • マナのコストが低い
  • かけなおすたびにReplenishment(10秒ごとに1%のマナが戻ってくる)がリフレッシュされる。Telは、Classtimerを使って、Replenishmentがアップしているかどうか確認できるようにしています
  • 2%のマナが戻ってくる可能性が20%ある(ただし12秒に一回だけ)
  • Lifebloomをリフレッシュしないでいるとbloomするので、3つ重ねている場合かなり多くのHPを治癒してくれる。Swiftmendが使用できなくて、Healing Touchを使う時間がない時などに便利
  • 1秒ごとに治癒するため、HPを安定させやすい

Lifebloomは、一人のプレーヤーにしかかけられないため、基本的にはtankにかけていますが、tankがあまりダメージを受けていない場合などには、他のプレーヤーに使ったりしています。Replenishmentは常にチェックして、100%アップさせておくようにしましょう。

 

3.Masteryを活用

RestorationのMasteryボーナスは、ターゲットに既にHoTのスペルが掛かっていると、その他の治癒スペルをその上から使用した場合、治癒するHPが増えるというものです。

グループ全員を常に100%HPの状態にしておくのは非常に難しいので、できるだけ多くのHPをできるだけ少ないマナを使用して治癒する必要があり、Masteryのボーナスはこの場合非常に便利です。例えば、グループ数人がダメージを受けている場合、Wild Growthを使用して、その上からNourish/Healing Touch/Rejuvenationを使ったり、DPSが一人死ぬ寸前ならば、Rejuvenationを一回かけてからNourish/Healing Touchを使用することで、 治癒するHPを増やすことができます。

4.ClearcastをHealing Touchに使う

Clearcastがアップすると、きらきら光る葉っぱがキャラクターの周りにでてきますが、この場合は、次のスペルはマナのコストがゼロになるというしるし。ただし、全てのスペルに使えるわけではなく、治癒スペルならばRegrowth/Healing Touch/Swiftmendに使用できます。

このうち、Swiftmendはコストが既に低いため、あえてClearcastの時に使用する必要はありません。Regrowthは、治癒するHPが少ないので、できるならばClearcastはHealing Touchに使うのが一番効率がいいでしょう。ただし、2.5秒のcastに使える時間がない場合とか、全員が100%HPの場合などは、Regrowthに使用してもいいかと思います。

5.Nourishは、HoTが掛かっているターゲットに使う

これは以前とほぼ変わりませんが、前のGlyph of Nourish(HoT一つごとに6%治癒するHPがアップ)と違い、HoTは一つだけ掛かっていればOK。治癒するHPが20%アップします。

Cataclysmでは、みんなのHPが非常に高いため、Nourishを使ってもあんまりHPがあがらずがっかりする事もありますが、何回も何回もかけると、たまにCritとかもあるので、コストが安いのを利用してたくさんNourishを使いましょう

6.Rejuvenationは少なめに

Rejuvenation のコストが非常に高くなったので、WotLKの時の様にしょっちゅう使っているとあっというまにマナが無くなってしまいます。使うタイミングについては色々あると思いますが、Telは今のところDPSのHPが50%に下がったところでRejuvenationをかけ、Nourishで対応しています。HPが50%以上の場合は、Wild Growth(3人以上治癒する場合)とNourish。あと、動くことが多いボス戦などは、Nourish/HTを使う時間がないので、Rejuvenationを60%HPくらいで使い、あとはWild Growthに頼っています。
アップデート:1月19日の時点で、HotfixによってRejuvenationのマナのコストが下がりました!マナ持ちがいいわぁ~

7.Innervateは早めに使う

Innervateを使うと、20%のマナが帰ってくるため、TelはPower Aurasを使って、マナが75%以下でInnervateが使用可能な状態の時に青いマークが表示されるようにしてます。早めに使うことで、戦闘中にまた使えるチャンスができます

8.Crowd Controlを使う

残念なことに、いまだにHeroicsでCCを使わなかったりInterruptしないプレーヤーが多いです(泣)。また、ボス戦によっては、あるモンスターがターゲットに到着すると爆発するとかいうのがあるので、Entangling RootsとCycloneを使う必要があったりします。Telは、Glyph of Entangling Rootsを使っています。Cycloneを使う場合は、敵がグループのターゲットではない事を確認してから使いましょう。

CCする事で、ダメージが減るので、治癒に必要なマナも減ります。

9.栄養があるものを食べる!

簡単なボスの場合はPicked Guppy (+60Int)、難しいボスはSevered Sagefish Head(+90Int)。Mythical Mana Potion(9250~12750mana)は常に持ち歩き、すご~く難しいボスが相手の場合はFlask of the Draconic Mind(+300Int)を使いましょう(←Telはケチなのでraidの時にしか使ってません)。ちなみに、Flask of Flowing Water(+300Spi)というのもありますが、Telは使ったことがありません。

安く上げたい場合は、Whitecrest Gumbo(+60Spi)がお勧めです。材料のBlood Shrimpが安くAuction Houseから購入できるので、忙しくてfishingする暇がない時にはとっても便利です。Potion of Concentration(10秒間に~22000mana)は、使うタイミングが難しいのですが、安い上にマナをたくさん補充してくれるので(運がよくてうまく使えれば、Mythical Mana Potion以上のマナが補充されます)、Telも時々使っています。

10.ゴールの再確認

WotLKでのhealerのゴールは、「全員を100%HPにする」でしたが、Cataでのゴールは「0%HPにしない」です。みんなが100%になるまで治癒しようとすると、マナがなくなるのが早く、フラストレーションもたまるので、「0%HPにしない」というのをゴールにしましょう。



その他、ボスの攻略法を事前にリサーチしておくというのは常識ですが、日本語のCataclysmダンジョン攻略情報はまだ少ないようです。Telもまだ100%把握しているわけではないのであえて公開していませんが、クリフトさんの日記と、Xurgeさんのブログに攻略法が載っています。


Cataclysmの新しい職業、Archaeology(考古学)は、結構レベルアップに時間がかかるので、のんびりとゲームを楽しみたい方にお勧めです。

発掘現場でお宝の破片を発掘してつなぎ合せると、そのお宝がゲットできるというもので、たまにペットとかBind on Account(Altにも使える)のエピック装備とかが手に入ります。発掘できる破片はあくまでもその人のためだけにあるものなので、他の人に取られてしまったりすることはありません。

Archaeologyを始めるには、他の職業と同じく、まずtrainerに会ってApprenticeになる必要があります(キャラがレベル20になってから)。交番の衛兵さんに、Profession Trainerの場所を聞きましょう:

Ask Direction

ミニマップに赤く旗が表示されるので、そこに行って、Apparenticeのトレーニングをゲット。そうしたら、スペルブックのProfessionの所に新しくArchaeologyというのが加わります。そこのSurveyというアイコンを、アクションバーに落とします:

Survey Icon

マップを開くと、発掘現場が、スコップのマークで表示されます。スコップのマークは、大陸全体が見られるマップにしか表示されません。一つの大陸の4箇所に発掘現場があります:

Shovel Map

発掘現場がある地域にいくと、赤かグレイのエリアがマップに見えるようになります。なぜたまにグレイになるのかTelにはよく分かりません。。。

red area

エリア内にきたら、測量開始。Surveyをクリックすると、望遠鏡が出てきます。望遠鏡の指している方向が、破片ある「大体の」方向で、ランプが距離を示します。赤だったらかなり遠く、黄色だったら少し遠く、緑だったらすぐ近く:

red lamp

ランプが緑の場合は、破片は30ヤード以内にあります:

green light

お宝の破片ゲット!!

FoundFragments

破片を見つけたら、その場ですぐまたSurveyしましょう。たまにそのお隣に別の破片があったりします。発掘現場では3箇所破片が埋まっています。

集めた破片は、ProfessionタブのArchaeologyのアイコンをクリックして確認します:

Archaeology Icon

お宝を作るのに必要な破片の数は、下に表示されます:

NumberofFragments

お宝を一個完成するたびに、スキルが5ポイントアップします。そのほか、レベル100までは破片を発掘することでスキルアップができるので、100になるまでは破片はあくまでも集めるだけにして、100になった時点でお宝を完成させるようにすると、少し楽です(追記:その後の変更で、それぞれの文明の破片は、200以上貯められないようになったため、この方法は無効です)。破片が十分集まったら、Solveボタンをクリックして完成:

SolveButton

その他、たまにKeystoneというのが破片と一緒に見つかります。

KeyStone


これは、破片が足りないときにお宝を完成するのに使うもので、使用可能なプロジェクトの左下にスロットがあります:

Keystone Slot

一つのkey stone破片12個分の価値があるようですが、key stoneを使用することでお宝が完成する場合のみに使えます。レア物のお宝になると、必要な破片の数が増える分、使えるkey stoneの数も増えます。色が薄くなっているのでちょっと見えにくいかも:
Keystone for rares
そのほか、key stoneを使って、Cataclysmのダンジョン内でbuffを得ることができます。入り口近くに、青い「!」マークがあるので、そこに行って使用するだけ。使えるkey stoneとbuffは、ダンジョンごとに違います:
  • Blackrock Caverns: Dwarf Rune Stoneを使うと、受けるelemental damageが5%減る
  • Throne of the Tides: Highborne Scrollを使うと、Naga相手のダメージが10%増える
  • Stonecore: Dwarf Rune Stoneを使うと、受けるphysical damageが5%減る
  • Grim Batol: Dwarf Rune Stoneを使うと、与えるダメージが5%増える
  • Vortex Pinnacle: Tol'vir Hieroglyphicを使うと、HPとマナを少しずつ回復できる
  • Lost City of the Tol'vir: Tol'vir Hieroglyphicを使うと、Neferset相手のダメージが10%増える
  • Halls of Origination: Tol'vir Hieroglyphicを使うと、移動速度が少し速くなる
お役立ちのArchaeology HelperというAddonはこちらで紹介しています。

Archaeologyで入手可能なお宝のリストはこちら

みんな頑張ってほりほりしよう!!

このページのトップヘ