Archaeology Helper というAddonが、MMO Championで紹介されていたので、早速Telも試してみました。

まずメニューですが、とってもシンプルな造りになっています:

AH UI

スコップを左クリックすると、Surveyができ、右クリックすると インターフェースを表示/非表示、マウスの真ん中ボタンをクリックすると、Archaeologyの画面が表示できるようになっています。

矢印は、大きい発掘現場などで、赤い色の部分が何層も重なって見えにくいときなどに、前回の赤い層を削除するのに使います。

使用方法ですが、まず発掘現場の真ん中に行って、スコップを左クリックしてSurveyします。そして、その場所を動かずに、望遠鏡が指している方向にキャラクターを向かせて、ライトの色をメニューから左クリックして選択すると、画面に扇形のエリアが表示されます:

First Red

緑の輪の真ん中が現在地点で、赤い扇が破片のある大体の場所。赤いラインが望遠鏡の指していた方向になります。移動して、赤い扇の中に入ってから、またSurveyして、望遠鏡の方向を向き、ライトの色を選んでクリックすると、次の扇上のエリアが表示されます:

Second red

色が重なっているところに移動して、Survey,向きを変えて色を選択というのを繰り返すだけ。最後の方になると、こんな風になります:

Survey Final

発掘の回数が、このAddonを使い始めてからかなり減ったので、このAddonはかなり便利です。
使い方のヒントとしては、発掘現場の一番最初のSurveyが赤色だった場合、赤い扇を足した後に、その場所を動かずにもう一回Surveyすると、望遠鏡が少し違う方向を指すので、また赤い扇を足して、次にSurveyするべき場所を限定する事が可能です。

そのほか、GatherMate2と、そのデータベースをインストールすると、すでに知られている破片の場所を緑の輪の中に表示してくれるようですが、エラーがでてしまってテストできませんでした。。。 本当ならこうなるらしい:




Archaeology Addon: ☆☆☆☆ 4/5 
(矢印による扇形エリアの削除は、一番新しいのと一番古いのを削除するオプションがあると、もっと使いやすいかと思います)